【ニューヨーク時事】米航空大手3社の2021年4~6月期決算が22日、出そろった。新型コロナウイルスのワクチン普及を背景に旅行需要が回復し、デルタ航空とアメリカン航空はコロナ感染拡大後、初めて黒字に転換。ユナイテッド航空は赤字が大幅に縮小した。ただ、コロナ変異株の感染が世界的に広がっており、先行きには不透明感が漂う。
 デルタは6億5200万ドル(約720億円)、アメリカンは1900万ドル(約21億円)の純利益を確保した。コロナの影響が最も深刻化した前年同期は3社で計94億ドル(約1兆円)の赤字を計上していた。
 今期の旅客収入は、デルタが前年同期比8倍近く、アメリカン、ユナイテッドも5~6倍に膨らんだ。国際線の回復が鈍く、コロナ危機前の半分程度にとどまるものの、「国内のレジャー需要は完全に19年の水準に戻った」(デルタのバスティアン最高経営責任者)という。
 各社は路線や便数を増やし、夏の旅行需要の取り込みを狙う。アメリカンは今夏、国内線の座席数を19年比9割以上、国際線も8割以上の水準で運航する計画。さらに「今夏の終わりから来年にかけて法人需要が回復していく」(ユナイテッド)と見込むが、コロナ変異株の感染者数が米国でも増加傾向にあり、予断を許さない情勢だ。 (C)時事通信社