東京都は23日、新たに1359人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。前週の金曜日と比べ88人増え、4日連続で1000人を上回った。
 東京五輪の開会式が当初予定されていた昨年7月24日の新規感染者は260人だった。開催が1年延期されたが、都内の感染状況は悪化した形だ。
 都によると、新規感染者の年代別では、20代が最も多く492人。次いで30代276人、40代204人、50代141人などと続いた。重症化リスクの高い65歳以上は37人。
 新規感染者の直近1週間平均は1386人で前週比146.5%。都基準による重症者は68人で前日から3人増えた。
 全国では計4225人の陽性が判明し、前週の金曜日を794人上回った。神奈川県は652人で、2日続けて600人を超えた。死者は8人、厚生労働省がまとめる重症者は前日から39人増え、431人となった。 (C)時事通信社