東京五輪開催都市トップの小池百合子知事は23日夜、国立競技場で行われた開会式に臨んだ。大会エンブレム「組市松紋」のデザインをあしらったスカーフを巻き、紺色のパンツスーツ姿で出席。天皇陛下や菅義偉首相らと共にメインスタンドの「プレジデンシャル・ボックス」から、新型コロナウイルス感染が拡大する中での開幕を見届けた。
 小池氏は開会式のメディア向けガイドにメッセージを寄せ、「大会が世界中の人々にとって希望の灯(あか)りとなるとともに、アスリートが最高のパフォーマンスを発揮できる場となるよう安全・安心な大会を実現する」と決意を示した。また、式に出席後、「希望と勇気、日本の伝統や新しい文化をお届けできた」などとするコメントを出した。 (C)時事通信社