菅義偉首相は23日夜に国立競技場(東京都新宿区)で開かれた東京五輪の開会式に出席した。昨秋の就任後、新型コロナウイルス対応に翻弄(ほんろう)され、ようやく開催にこぎ着けた形。改めて「安全・安心な東京大会」をアピールした。
 首相は開会式に当たり準備されたメディア向けガイドにメッセージを寄せ、「徹底した感染対策」を約束。「人々が世界とのつながりを再認識し、夢と希望を分かち合えることを世界に発信したい」と訴えた。
 メインスタンドの「プレジデンシャル・ボックス」では天皇陛下と小池百合子都知事の間に着席。マスクを着け、式典の運びに目を凝らした。
 4回目の緊急事態宣言が東京に発令され、五輪はほとんどの会場が無観客に。開会式担当者の辞任・解任も相次いだ。五輪を政権浮揚の契機としたい首相は、大会期間中も感染状況の推移に神経を使うことになりそうだ。
 一方、複数の大会組織委員会関係者によると、安倍晋三前首相は開会式の出席を見送った。 (C)時事通信社