式典を見守る観客が国立競技場のスタンドにいない。1年延期の末、反発する世論を押し切る形で開催にこぎ着けた五輪。新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄(ほんろう)された異例ずくめの大会を象徴する開会式になった。
 開幕へのカウントダウンが「0」となり、競技場の屋根の形と重なった。花火が打ち上がった後に場内は暗転。黙々とトレーニングする女性がライトを浴びた。コロナ禍で1年以上、不安や焦りを感じながら過ごしてきた選手たち。孤独に苦しみながら鍛えてきた選手を示す数々の光がつながっていく。同じ境遇の世界中のアスリートが、ようやく目指していた場所に集まった。
 日本が誇る木工技術をモチーフにした演出。大勢の大工職人が踊る中、木製の大きな五つの輪が中央に運ばれ、寄せ木細工のように五輪マークが完成した。入場行進はドラゴンクエストなど人気ゲームの音楽に合わせてスタート。国・地域名のプラカードは漫画のせりふのようなデザイン。上空ではドローンの編隊が大会エンブレムの市松模様、そして地球を描く。伝統工芸とサブカルチャー、最新技術を組み合わせて日本らしさを表現した。富士山を模した聖火台に大坂なおみ選手が点火し、式典はクライマックスを迎えた。
 開会式直前。過去の言動が問題視されて楽曲担当の小山田圭吾氏が辞任。演出全体を調整したディレクターの小林賢太郎氏は前日に退場となった。延期決定前の計画よりもセレモニーの簡素化を目指していたとはいえ、演出は控えめで華やかさに欠けた。逆風の世論も影響しているのではないか。秋の晴天の下、祝祭ムードに包まれた57年前の東京五輪とは対照的な印象を残した。
 ただ、距離を取ってマスク姿で入場する各国選手の表情は総じて柔らかく、待ちに待った舞台に臨む喜びにあふれていた。祝福される大会になるかどうかは、彼らが体現するスポーツの力に懸かっている。 (C)時事通信社