神奈川県高校野球連盟は24日、今春の選抜大会優勝の東海大相模が、第103回選手権大会神奈川大会の出場を辞退したと発表した。出場登録メンバーの17人が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、部の活動が禁止となったため。同日予定されていた準々決勝は、相手の藤沢翔陵が不戦勝となった。
 門馬敬治監督は同校を通じ「本校野球部で新型コロナ感染によるクラスターを発生させてしまい、深くおわび申し上げる。さらなる感染拡大を防ぐことに全力を注いでいる」とのコメントを出した。門馬監督は今夏限りでの退任を表明している。 (C)時事通信社