東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、東京・晴海の選手村に滞在していたボート男子シングルスカルのオランダ代表、フィン・フロライン選手の新型コロナウイルス陽性を確認したと明らかにした。同選手は23日のレースに日本の荒川龍太(NTT東日本)と同組で出場した。ボートのオランダ代表チームでは、22日にも関係者1人の陽性が確認された。
 フロライン選手は既に村外の隔離施設に移されている。組織委によると、保健所による濃厚接触者の特定は25日午前の時点で確認できていない。
 組織委が25日に発表した陽性確認は10人。フロライン選手の他に自転車男子ロードレースのドイツ代表選手、国外在住で選手村滞在の1人を含む大会関係者6人、報道関係者と業務委託スタッフが各1人。1日以降の陽性確認は計132人になった。
 なお、22日に陽性が確認された自転車ロードレースのチェコ選手の濃厚接触者は6人だった。 (C)時事通信社