日本野球機構(NPB)は25日、日本代表―楽天(24日、楽天生命パーク宮城)の球審を務めた橋本信治審判員が、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。保健所から代表チーム、楽天とも濃厚接触者はいないと判断された。代表チームは25日に監督やスタッフを含む全員がPCR検査で陰性の判定を受けた。 (C)時事通信社