医師免許を持たないのに、新型コロナウイルスワクチン接種の問診をしたなどとして、愛知県警は26日、医師法違反容疑で、水戸市新原の元介護老人保健施設長、月舘静恵容疑者(70)=偽造有印公文書行使罪で起訴=を再逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は5月26日~6月23日、同容疑者が施設長を務めていた茨城県内の介護老人保健施設で入所者83人に対し、医師ではないのに問診やワクチン接種の可否判断などの医療行為をした疑い。
 愛知県警によると、月舘容疑者は医師と称して延べ108回の問診を実施。実際の接種は看護師らが担当したという。 (C)時事通信社