塩野義製薬は26日、新型コロナウイルス治療薬の臨床試験(治験)を国内で始めたと発表した。ウイルスの増殖を抑制する飲み薬で、早期の服用で重症化を防ぎ、発熱などの症状を改善する効果が期待されている。
 22日に始めた第1段階の治験については健康な成人75人を対象に実施しており、安全性を検証する。用量は1日1回の服用を目指す。第2段階の治験以降のスケジュールは未定。
 同社が開発中の新型コロナワクチンは、国内で第1・第2段階の治験が進められている。国から早期承認を得られれば、年内に提供できる見通しだ。 (C)時事通信社