日本フードサービス協会が26日発表した6月の外食産業売上高(新規店を含む全店ベース)は、前年同月比0.1%増でほぼ横ばいとなった。一方、新型コロナウイルス禍以前の2019年比は22.6%減で、影響が長期化している。 (C)時事通信社