【ハノイ時事】ベトナム南部の商業都市ホーチミン市は26日、新型コロナウイルスの感染防止策を強化し、午後6時から翌午前6時までの外出を制限する措置を開始した。9日から不要不急の外出禁止を含めた厳格な予防策を講じてきたが、感染拡大に歯止めがかかっておらず、一段と規制を強化した。複数のベトナム・メディアが報じた。 (C)時事通信社