【ニューヨーク時事】9月の国連総会一般討論演説のため、ニューヨークの国連本部に各国首脳が集まれることになった。国連が26日、明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大が深刻だった昨年は、事前に収録した首脳らのビデオ演説を総会議場で放映する形式を取ったが、今年は議場での演説とビデオ演説の「ハイブリッド形式」(国連事務総長副報道官)となる。
 ボズクル国連総会議長の事務局の22日付書簡によると、総会議場への入場者は演説者を含め1カ国当たり4人に制限する。国連本部での2国間会談も可能となる。
 国連総会は14日、昨年に続き今年もビデオ演説の放映を認めることを決めていた。 (C)時事通信社