福島県相馬市は27日、市立中学校の生徒のうち希望者に、新型コロナウイルスワクチンの集団接種を始めた。同日と28日の両日で、全生徒の6割強に当たる595人が市営体育館で1回目の接種を受け、8月中に2回目を終える予定。
 27日は304人が接種を受け、会場には保護者と訪れる生徒の姿が見られた。祖父母と同居しているという中学3年の男子生徒は「ワクチンを打てて良かった」とほっとした表情。生徒の父親は「予約が必要ないので、ありがたかった」と話した。 (C)時事通信社