トヨタ自動車は27日、部品不足により8月に国内2工場の稼働を停止すると発表した。東南アジアで新型コロナウイルスの感染が拡大し、ベトナムからの部品供給が滞っているため。2工場の停止で生産台数は約5000台減少する見通し。
 田原工場(愛知県田原市)の一部で8月3~6日の4日間、子会社トヨタ車体の吉原工場(同県豊田市)は5、6日の2日間、いずれも稼働を停止する。減産する車種は、高級車ブランド「レクサス」の「LS」やスポーツ用多目的車(SUV)「ランドクルーザー300」など。夏季休業後の16日に再開する予定。 (C)時事通信社