加藤勝信官房長官は28日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者数が東京都などで急拡大していることに関し、「引き続き都、(東京五輪の)大会組織委員会と緊密に連携しつつ、安全・安心な大会の実現に向けてしっかりと取り組んでいきたい」と強調した。
 加藤長官は「都の夜間滞留人口を見ると、前回の緊急事態措置と比べ、減少が続いている」などと説明。不要不急な外出を控えるため五輪は自宅でテレビ観戦するなど、感染対策の徹底を改めて呼び掛けた。 (C)時事通信社