加藤勝信官房長官は28日の記者会見で、新型コロナウイルス治療薬として承認された抗体カクテル療法「ロナプリーブ」に関し、「重症化リスクのある軽症から軽い中等症の患者に対応できる量の確保は図られている」と述べた。その上で、「医療現場においては、対象となる患者の重症化を防ぐためにこの治療薬を積極的に活用してほしい」と呼び掛けた。 (C)時事通信社