航空会社のスカイマークが40億円の資本性資金を調達する方向で調整していることが28日、分かった。新型コロナウイルスの流行で国内旅客需要が急減する中、資本を増強して財務基盤を立て直す。投資ファンドのインテグラルや日本政策投資銀行、ANAホールディングス(HD)などが支援に応じる見通しだ。
 資本に近い性質を持つ劣後ローンと株主割当増資で20億円ずつ調達する。劣後ローンは政投銀が融資。増資については出資比率に応じ、筆頭株主のインテグラルが約10億円、政投銀と三井住友銀行がつくるファンドが約6億7000万円、ANAHDが約3億3000万円それぞれ引き受ける方向。 (C)時事通信社