【シカゴ時事】米航空機大手ボーイングが28日発表した2021年4~6月期決算は、純損益が5億8700万ドル(約650億円)の黒字(前年同期は23億7600万ドルの赤字)に転換した。黒字は7四半期ぶり。新型コロナウイルスのワクチン接種拡大に伴う旅行需要の回復が業績改善を後押しした。
 売上高は前年同期比44%増の169億9800万ドル(約1兆8700億円)。4~6月期の商用機の引き渡しは79機と、前年同期(20機)の約4倍に上った。このうち、主力の小型旅客機「737MAX」など737シリーズが50機(前年同期は4機)を占めた。 (C)時事通信社