東京都の28日の新型コロナウイルス新規感染者が最多の3177人となったことについて、小池百合子知事は29日、「検査数や陽性率(の上昇)に伴って非常に大きくなっている」と述べた。「(これまでのピークだった)1月と比べるとワクチンのあるなしで(感染状況の)中身はかなり変わってきている」とも話した。登庁時に記者団の取材に答えた。
 具体的には、ワクチン接種が進んだ高齢者の感染が減る一方、若者の比率が高まっていると指摘。「ポイントは活動的な若い方々だ。接種や(感染対策の)基本的な部分を気を付けていただきたい」と呼び掛けた。感染力が強い変異株の拡大については「無防備になると非常に危ないという認識を皆さんと共有したい」と述べた。 (C)時事通信社