【パリ時事】フランスのブランケール国民教育相は28日、夏休み明けの9月の新学期以降に中学・高校で新型コロナウイルスの感染者が発生した場合、同じ学級でワクチンを接種していない生徒は自宅から遠隔で授業を受けることになると明らかにした。仏ラジオに出演して述べた。
 ブランケール氏は「ワクチン接種の強い動機になる」と強調。小学校で感染者が出た場合は、学級閉鎖するという。
 仏政府は12歳以上の国民を対象にワクチン接種を推奨しているが、義務化はしていない。こうした中、一部の生徒のみに遠隔授業を強いる方針は、未接種者への差別を助長する恐れもある。 (C)時事通信社