コニカミノルタ=2021年4~6月期連結業績は増収増益。欧米を中心に新型コロナウイルスからの経済回復傾向が続き、全事業で増収を達成した。販管費の抑制や円安効果もあり、全利益項目で黒字転換した。22年3月期の業績予想に変更はない。 
 セグメント別売上高はデジタルワークプレイスが前年同期比28.1%増、プロフェッショナルプリントが50.9%増、ヘルスケアが22.9%増、インダストリーが35.2%増。同社によると、売上高はコロナ影響前の19年度と比べ95%まで回復したという。(C)時事通信社