今秋に三重県で開催される国民体育大会と全国障害者スポーツ大会の実行委員会は29日、津市内で総会を開き、医療体制の逼迫(ひっぱく)により県内医療機関で新型コロナウイルス患者の受け入れが難しくなった場合、中止も視野に入れて検討する方針を示した。
 (1)病床使用率が30%以上(2)重症者向けの病床使用率が20%以上(3)直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数が8人以上―という三つの指標で全ての基準を上回った場合に検討に入る。9月4日に会期前競技が始まるため、8月中旬にも開催可否を判断する。全国障害者スポーツ大会については9月末に判断する。
 中止とする場合は、開催県の三重県が検討した上で日本スポーツ協会や文部科学省と協議し、スポーツ協会の国体委員会で決定する。 (C)時事通信社