【北京時事】米SF映画「アバター」のモデルとされる中国湖南省の景勝地、張家界で、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したもようだ。張家界を今月観光した人の感染確認が各地で相次ぎ、29日には北京市でも半年ぶりの市中感染が発表された。
 北京市政府は29日の記者会見で、夫婦2人の感染確認を発表。夫婦は20日から娘と共に張家界を旅行し、帰京後の26日に発熱などの症状が出たという。 (C)時事通信社