新型コロナウイルスの感染が急激に拡大していることを受けて、野党各党の党首は29日の記者会見で「政府自らが非常に楽観的な見通しを今なお繰り返している」(立憲民主党の枝野幸男代表)などと菅政権の対応を一斉に批判した。
 枝野氏は「政府は深刻に受け止め、感染拡大の抑制や医療体制の確保、五輪関係者の感染防止に当たることを強く求める」とも訴えた。共産党の志位和夫委員長は「ワクチン接種で抑制効果は出るが、デルタ株による第5波には間に合わない」と指摘、東京五輪の中止や、大規模なPCR検査など対策の徹底を求めた。
 国民民主党の玉木雄一郎代表は「政府の感染拡大防止策は失敗している」と指弾。アストラゼネカ製ワクチンの希望者への接種許可や、緊急事態宣言発令地域へのワクチンの重点配分を検討するよう政府に要求した。 (C)時事通信社