新型コロナウイルスの感染が全国的に急拡大していることを受け、日本医師会などは29日、「新規感染者の増加で、医療の逼迫(ひっぱく)が迫っている」などとする緊急声明を発表した。政府に対し、緊急事態宣言の対象区域を全国にすることも検討するよう要請。テレワーク徹底の推奨や、40~64歳へのワクチン接種の推進なども求めた。
 声明は日本歯科医師会や日本薬剤師会、日本看護協会などとの連名。記者会見した日医の中川俊男会長は「都道府県の要請がないから発令しないというスタンスでは間に合わない。早め早めに手を打ってほしい」と訴えた。 (C)時事通信社