【ワシントン時事】米商務省が29日発表した2021年4~6月期の実質GDP(国内総生産)速報値は、年率換算で前期比6.5%増と4四半期連続のプラス成長となった。個人消費がけん引し、GDPの水準は新型コロナウイルス危機直前の19年10~12月期を上回り、過去最高を更新した。
 伸び率は前期の6.3%(改定)を上回ったが、市場予想の8.5%には届かなかった。原材料の供給制約や人手不足が響いた可能性がある。
 GDPの約7割を占める個人消費は11.8%増。コロナ経済対策の世帯向け現金給付やワクチンの普及などが押し上げ、2四半期連続で2桁の伸びを記録した。設備投資が8.0%増加した一方、住宅投資は9.8%減と4四半期ぶりにマイナスに転じた。 (C)時事通信社