公明党の山口那津男代表は29日のBS11番組で、報道各社の世論調査で菅内閣の支持率が過去最低水準に落ち込んでいる理由について、政府の新型コロナウイルス対応に「ちぐはぐ感がある」との認識を示した。酒類提供停止に応じない飲食店への対応をめぐる混乱などを念頭に、「現場とずれが生じており、国民の不安や不満が表れている」と指摘。支持率の低下が感染者数の増加と反比例しているとも語った。 (C)時事通信社