【ワシントン時事】バイデン米大統領は29日、国民向けに演説し、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた一連の対策を発表した。この中で、連邦機関の職員と請負業者ら全員にワクチン接種を求め、接種を受けない場合は定期的な感染検査とマスク着用、対人距離の確保を義務付けると表明した。
 米国ではデルタ株の拡散に伴い、新型コロナの新規感染者や死者が再び増加している。バイデン氏は演説で「米国が陥っているのは、ワクチン未接種者間のパンデミック(大流行)だ」と述べ、接種を促進する必要性を訴えた。
 また、ワクチン接種を受けた人に100ドル(約1万1000円)を支給するなどの促進策を講じるよう、各州や自治体当局に呼び掛けた。米国ではニューヨーク市が、市運営施設で1回目のワクチン接種を受けた人に100ドルを支給すると発表している。 (C)時事通信社