総務省が30日発表した6月の労働力調査によると、完全失業率(季節調整値)は前月比0.1ポイント低下の2.9%となり、3カ月ぶりに改善した。就業者数が増加に転じたほか、勤務先の都合による離職者が減少した。
 厚生労働省が同日発表した6月の有効求人倍率(同)も、前月比0.04ポイント上昇の1.13倍で、3カ月ぶりにプラスとなった。
 労働力調査によると、完全失業者数は2万人減少の202万人。勤め先や事業の都合による離職を含む非自発的な離職は7万人減少した。一方、就業者数は21万人増の6666万人で、卸売り・小売業や宿泊・飲食サービス業などが増加した。
 総務省の担当者は「完全失業率は大きく変わっていないが、潮目が変わっている部分もある」と指摘。ただ、緊急事態宣言の発令地域が拡大することも踏まえ、引き続き雇用情勢を注視する考えを示した。 (C)時事通信社