財務省が30日発表した2020年度の国の一般会計決算概要によると、21年度へ繰り越される額が30兆7804億円に達した。新型コロナウイルス対策に伴い、3度の補正予算編成で73兆円の歳出を追加したが、執行が遅れていることなどが背景。繰越額は東日本大震災直後の12年度(7兆6111億円)を大きく上回り、過去最大となった。
 繰越額が大きかった事業は、中小企業を対象とした政府系金融機関による実質無利子・無担保融資(繰越額6兆4140億円)、営業時間の短縮要請に応じた飲食店に対する協力金(3兆3115億円)、観光需要喚起策「Go To トラベル」(1兆3353億円)など。公共事業関係も4兆6937億円が繰り越された。 (C)時事通信社