総務省は30日、ふるさと納税の2020年度の寄付総額が6724億9000万円になったと発表した。前年度比1.4倍で過去最高。寄付件数も同1.5倍の3488万8000件に伸び、利用者の拡大が顕著になった。
 新型コロナウイルスの感染拡大による「巣ごもり需要」で、肉や魚介などの返礼品を自宅で楽しむ人が増えた可能性がある。コロナで影響を受ける生産者や、災害被災地の支援を目的に寄付する人も多いとみられる。
 武田良太総務相は30日の閣議後記者会見で「国民に広く浸透し、定着が進んでいる。災害時の支援などさまざまな取り組みに活用されており、さらなる広がりに期待したい」と述べた。 (C)時事通信社