茂木敏充外相は30日の閣議後記者会見で、来週オンラインで開催される東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の一連の外相会議に出席すると発表した。新型コロナウイルス対応のほか、ミャンマーや南シナ海、北朝鮮など地域情勢について議論する。
 茂木氏は3日の日ASEAN外相会議とASEAN+3(日中韓)外相会議、4日の東アジア首脳会議(EAS)参加国外相会議、6日の日メコン外相会議などへの出席を予定。茂木氏は「ASEANは自由で開かれたインド太平洋実現に向けた要となる地域だ。具体的な協力について突っ込んだ議論を行いたい」と語った。 (C)時事通信社