公明党の石井啓一幹事長は30日の記者会見で、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言拡大について「これ以上の病床の逼迫(ひっぱく)を回避するためにはやむを得ない判断だ」と述べた。石井氏は、感染者の多くを占める若年層への対策が重要だとし、ワクチン接種を着実に進めていくべきだとの考えを示した。 (C)時事通信社