ANAホールディングスが30日発表した2021年4~6月期連結決算によると、純損益は511億円の赤字(前年同期は1088億円の赤字)だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けた前年同期と比べると、貨物事業の好調などで赤字幅は縮小したものの、長引く旅客低迷が響き、6四半期連続の赤字決算となった。
 4~6月期の赤字幅としては、公表を始めた03年度以降で前年同期に次ぐ過去2番目の大きさ。
 売上高は前年同期比63.6%増の1989億円、本業のもうけを示す営業損益は646億円の赤字(同1590億円の赤字)だった。
 売上高のうち、旅客収入は前年同期比では増えたが、国際線はコロナ禍前の1割弱の129億円、国内線も3割の502億円にとどまった。一方、国際線貨物収入は前年同期比2.6倍の660億円と、四半期ベースで過去最高。半導体・電子部品や自動車関連の貨物需要を取り込んだ。
 福沢一郎専務はオンライン形式で記者会見し、「(旅客)需要回復は足踏み状況が続き、遅れている」と指摘。足元で感染が急拡大する中、貨物の増収とコスト削減強化に努める考えを示した。
 22年3月期連結業績予想については、「ワクチン接種(の進展)が鍵になる。秋以降の展開を見ていく必要がある」(福沢氏)として据え置いた。引き続き、通期純損益で35億円の黒字への転換を目指す。 (C)時事通信社