東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンは30日、新型コロナウイルス陽性が確認されて療養施設のホテルに入っていた大会関係者が、隔離期間中に外出していたことを明らかにした。組織委は所属などを公表していないが、ボート関係者とみられる。
 この関係者はホテルに患者搬送の専用車両を呼び、検査を受けるためクリニックに行ったという。陽性が確認された検査に不満を持っていたとされ、高谷氏は「陽性は確定している。その判定に不満を持つ者が再度検査を受けて、陽性確定の判断を覆すことは想定されていない」とコメントした。
 高谷氏は、大会のコロナ対策規則集プレーブックへの違反行為に該当するかどうかの認識は示さず、「本人には厳しく注意した。(療養施設の)入所者と施設管理者の間でより丁寧なコミュニケーションが必要だった」と述べるにとどめた。 (C)時事通信社