阪急阪神ホールディングス=2022年3月期連結業績予想について、営業利益、経常利益、純利益をそれぞれ上方修正した。エンターテインメント事業で宝塚歌劇の公演やプロ野球阪神タイガースの試合の入場者数が想定以上に好調なことなどを踏まえた。売上高は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で旅行事業が大きな打撃を受けており、下方修正した。 (C)時事通信社