【ニューヨーク時事】週末30日のニューヨーク株式相場は、新型コロナウイルス禍で広がった「巣ごもり需要」の先行き懸念を背景に反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は、前日終値比149.06ドル安の3万4935.47ドルで終了した。
 ハイテク株中心のナスダック総合指数は105.58ポイント安の1万4672.68。
 米アマゾン・ドット・コムが前日発表した4~6月期決算は、売上高が市場予想を下回った。7~9月期の業績予想も振るわない内容で、インターネット通販事業の成長鈍化が意識された。 (C)時事通信社