阪急阪神百貨店は31日、阪神梅田本店(大阪市)で新たに従業員14人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。26日からの累計感染者数は67人となった。同店ではクラスター(感染者集団)が発生しており、感染防止策を徹底するため31日から2日間、全館で臨時休業している。 (C)時事通信社