公明党の山口那津男代表は1日、宮崎市内で講演し、新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐる政府の取り組みについて、「現場の実情と距離があったのでは、その志が満たされない場合がある」と指摘した。
 山口氏は、自治体で予定していたワクチン供給の見通しが立たないため接種の受け付けを一時停止する動きがあることに触れた上で、「現場との意思疎通が十分ではないことから戸惑いが起きてしまったという苦い経験をした」とも語った。 (C)時事通信社