【ビジネスワイヤ】分子診断技術の豪SpeeDxは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の懸念される変異株(VOC)のマルチプレックス検査キット「PlexPrime・SARS-CoV-2・Genotyping」を発表した。研究使用限定のPlexPrimeは、標準的なqPCR(定量的ポリメラーゼ連鎖反応)機器に適合する。試料調製の手作業を減らし、結果判明までの時間を短縮できる。まず、アルファ、ベータ、ガンマ変異株を検出する製品を投入した。デルタ変異株向け製品も近日中に発表する予定で、その他の変異株向け製品も評価中。(C)時事通信社