加藤勝信官房長官は2日の記者会見で、まん延防止等重点措置の区域で飲食店に例外的に酒類提供を認める条件の一つとした「(新型コロナウイルス)感染が下降傾向」について「知事に判断いただく」と説明した。具体的な基準は示さなかった。
 重点措置区域では酒類提供は原則停止とし、飲食店が一定の感染対策を講じることを条件に午後7時まで提供が可能となる。政府は2日以降は「感染が下降傾向」も条件に加え、対策を強化した。 (C)時事通信社