三菱UFJフィナンシャル・グループなど5大銀行グループの2021年4~6月期連結決算が2日、出そろった。純利益の合計は前年同期比約2.1倍の9218億円となった。取引先の貸し倒れに備えた与信関係費用が減少し、5グループとも大幅な増益を達成。新型コロナウイルス禍前の19年4~6月期の水準も上回った。
 純利益は三菱UFJ、三井住友フィナンシャルグループおよびみずほフィナンシャルグループの3メガバンクが前年比2倍を超えたほか、三井住友トラスト・ホールディングス、りそなホールディングスも2桁増だった。 (C)時事通信社