【ニューヨーク時事】週明け2日のニューヨーク株式相場は、市場予想を下回る米製造業景況指数や新型コロナウイルス感染拡大が嫌気される中、続落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前営業日終値比97.31ドル安の3万4838.16ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は8.39ポイント高の1万4681.07で引けた。 (C)時事通信社