菅義偉首相は3日、公明党の山口那津男代表と首相官邸で昼食を共にしながら会談し、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐためのロックダウン(都市封鎖)を可能とする法整備に慎重な立場で一致した。
 会談後、山口氏は記者団に「よくよく慎重に考えて対応する必要がある」と指摘。実現への課題として、私権制限の懸念や社会・経済への副作用、罰則を適用する体制の不十分さを挙げ、感染拡大防止への協力を国民に引き続き要請していく意向を示した。 (C)時事通信社