新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県知事は3日、テレビ会議を開き、都民や県民に夏休みやお盆の期間中の旅行や帰省を原則中止・延期するよう呼び掛ける共同メッセージを出すことを決めた。ホームページやインターネット交流サイト(SNS)などで発信する。
 都内の感染状況について小池百合子都知事は「まさに切迫した状況だ」と強調。埼玉県の大野元裕知事は「首都圏全体での警戒レベルをしっかり高めていきたい」と述べた。
 千葉県の熊谷俊人知事は、帰省などで「地方の方が医療提供体制が苦しくなる局面が8月末から9月に起き得る」と懸念。神奈川県の黒岩祐治知事は「救急車が(患者を)運ぶところがないという状況が目の前まで来ている」と訴えた。 (C)時事通信社