新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における炎症反応は心血管疾患リスクを増大させると考えられているが、両者の関係を検討した研究は少なく、エビデンスは十分とは言えない。スウェーデン・Umeå UniversityのIoannis Katsoularis氏は、スウェーデンのCOVID-19患者8万6,000例超を対象に、自己対照ケースシリーズ(SCCS)とマッチドコホート研究を用いてCOVID-19と急性心筋梗塞(AMI)および虚血性脳卒中の関係を検討。両疾患とも、COVID-19発症後1週間でリスクは約3倍に上ったと、Lancet2021年7月29日オンライン版)に報告した。

2020年2〜9月のコロナ全例を特定

 検討では、スウェーデンの感染症データベースSmiNetから2020年2月1日〜9月14日にCOVID-19を発症した全例の個人識別番号を特定し、入院、外来、がん、死因に関する各登録とクロスリンクした。対照群は、年齢、性、同国内の居住地域でマッチングさせた。

 SCCSにおいては、COVID-19発症後の初回AMIあるいは虚血性脳卒中の発症率比(IRR)を、COVID-19発症前後28日間を除く対照期間との比較で算出した。一方マッチドコホート研究では、COVID-19発症後2週間以内における初回AMIあるいは虚血性脳卒中の発症リスクを、マッチングした対照群と比較した。両研究でも、COVID-19発症日を除外した解析(解析1)、発症日を含む解析(解析2)の2パターンを行った。

 調査期間中にCOVID-19と診断されたのは8万6,742例で、マッチングした対照群は34万8,841例だった。SCCSにおける初回AMIのIRRは、解析1ではCOVID-19発症後1〜7日で2.89(95%CI 1.51〜5.55)、8〜14日で2.53(同1.29〜4.94)、15〜28日で1.60(同0.84〜3.04)だった。解析2では、順に8.44(同5.45〜13.08)、2.56(同1.31〜5.01)、1.62(同0.85〜3.09)だった。また虚血性脳卒中のIRRは、解析1では順に2.97(95%CI 1.71〜5.15)、2.80(同1.60〜4.88)、2.10(同1.33〜3.32)、解析2では6.18(同4.06〜9.42)、2.85(同1.64〜4.97)、2.14(同1.36〜3.38)だった。

 一方、マッチドコホート研究でのCOVID-19発症後2週以内における初回AMIのオッズ比(OR)は、解析1で3.41(95%CI 1.58〜7.36)、虚血性脳卒中は3.63(同1.69〜7.80)、解析2ではそれぞれ6.61(同3.56〜12.20)、6.74(同3.71〜12.20)だった。

 以上の結果について、Katsoularis氏は「COVID-19は、AMIおよび虚血性脳卒中のリスク因子であることが示された」と結論。「急性の心血管疾患はCOVID-19の重要な臨床症状である可能性があり、予防・診断戦略の優先順位を決定し、治療に影響を与える可能性がある」と指摘している。

(平山茂樹)