JR九州は4日までに、2022年4月から在来線特急列車の料金を平均4割程度値上げすると発表した。消費税率引き上げに伴う料金改定を除けば、値上げは1987年4月の同社発足以降初。新型コロナウイルス感染拡大の影響で経営環境が悪化する中、既存の交通ネットワークを維持するためとしている。 (C)時事通信社