【ビジネスワイヤ】武田薬品工業と米投資企業のフレーザー・ヘルスケア・パートナーズは、バイオ製薬企業の米HilleVaxを設立したと発表した。HilleVaxは武田薬品のノロウイルスワクチン候補「HIL-214」の独占的開発・商業化権を日本以外の地域で譲り受け、開発に当たる。HIL-214はウイルス様粒子(VLP)技術を用いたワクチンで、ノロウイルスによる急性胃腸炎の予防薬となる。武田薬品は今後、ワクチン分野において、日本で供給しているワクチンに加え、デング熱、新型コロナ、汎発性インフルエンザ、ジカウイルスに集中する。(C)時事通信社