【ジャカルタ時事】インドネシアの大統領専用機が、国旗と同じ赤色と白色に変わり、話題を集めている。青と白が基調だった機体を20億ルピア(約1500万円)かけて塗り直した。国内で新型コロナウイルス感染が爆発的に拡大し、毎日1000人以上が死亡する中、「不急の支出」「無神経だ」と批判されている。 (C)時事通信社